神秘の日本米

稲の成長を見守り、豊かな恵みをもたらす田の神

日本では、古くからお米づくりをつかさどる田の神の存在が信じられてきました。田の神は、冬は山に住んでいて、春になると里に降り、稲の成長を見守り、豊作をもたらしてくれると考えられています。田の神が里で宿るのが桜の木とされ、桜の開花は田の神が降りてきたことを告げ、田植えの始まりを知らせるものでした。
人々は田の神に豊作を祈るため、田植えの始まりや終わりには3つに束ねた稲の苗を神前に供え、収穫の際には数束の稲を刈り取って田の一隅に掛けてまつってから稲刈りをするなど、お米づくりの過程ごとにさまざまな儀礼やお祭りを行ってきました。

お米に深くかかわる宮中行事と各地のお祭り

お米づくりは大切な食べ物をつくるだけでなく、日本の伝統文化をはぐくんできました。稲の順調な生育と、豊作を祈った儀礼やお祭りは、今も宮中行事や年中行事として日本各地で受け継がれています。
新嘗祭(にいなめさい)- 11月23日 -
宮中で天皇がその年の秋に収穫されたお米やお酒などを神様に供え、自らも食べて感謝する儀式です。古くは陰暦11月の卯の日に行われていました。新嘗祭の中でも天皇が即位して最初に行うものは「大嘗祭(だいじょうさい)」と呼ばれます。
抜穂(ぬきほ)祭り[愛媛県 大山祗神社] - 旧暦9月9日 -
収穫を感謝するお祭りです。神のお使いの少女が稲の穂先だけを刈り取り、神様に供えます。目に見えない稲の精霊と力士が勝負をする「一人角力(すもう)」も奉納され、稲の精霊が必ず勝つことで豊作祈願と豊作感謝を表します。
稲穂祭り[山口県 法静寺] - 11月3日 -
稲が実ると一束を刈り取り、神様に供えて感謝するお祭りです。別名「キツネの嫁入り」と呼ばれ、稲荷の神の使いであるキツネの面をかぶった新郎新婦が人力車に乗り、お供をつれて町を練り歩きます。
御田植(おんたうえ)[大阪府 住吉大社] - 6月14日 -
田植えを始めるにあたり、豊作を祈るお祭りです。昔と同じ格式を守って行われ、牛が田んぼを耕し、植女(うえめ)と呼ばれる女性が、おはらいがすんだ苗を手で植えていきます。舞や踊りも披露され、これにより田んぼや苗に力が宿るとされています。
田植踊り[青森県八戸市中心街] - 2月17日〜20日 -
種まきや田植えなどお米づくりの作業を舞踊化してまねることで豊作を祈ります。八戸市の田植踊りは「えんぶり」と呼ばれ、馬の頭をかたどった帽子をかぶった舞手が頭を大きく振りながら勇壮な舞を披露します。
雨乞い祭り[長野県 別所温泉] - 7月15日に近い日曜日 -
水の恵みを天に祈るお祭りです。別所地区に伝わるものは「岳の幟(たけののぼり)」と呼ばれ、青竹に色とりどりの反物をくくりつけたのぼりの行列が練り歩きます。笛や太鼓に合わせて、子どもたちによる「ささら踊り」や、「三頭獅子舞」も奉納されます。

稲のお祭りから発展した伝統芸能

日本に伝わる伝統芸能には、稲のお祭りから発展したものがあります。
田楽は、田植えの前に豊作を祈る「田遊び」から発達したといわれ、おはやしや歌、踊りでお米づくりを表現しています。
日本の国技とされる相撲も豊作を祈る目的で奉納されました。相撲の土俵入りなどの際に「しこ」を踏む動作がありますが、これは大地を踏むことで害虫や厄などの災いを追い払い、豊作をもたらす田の神の力が消えないようにするという意味があったとされています。
このようにお米づくりは、日本人の生活に昔も今も密接にかかわっているのです。